合宿免許のいろいろ

合宿免許の課程とはどのようなものか

合宿免許のいろいろ 合宿免許は、教習所への一般的な通学とは違って、集中的な講習時間を確保することで、もっとも短い期間で運転免許の取得に必要な技能教習、学科教習のすべての課程を修了するためのものです。

合宿免許では、あらかじめ教習所の卒業までに必要なカリキュラムがパッケージ化されていますので、通学のようにいちいち毎日の教習時間の予約などを必要とせず、さまざまなムダを省くことができます。1日あたりの教習の時間そのものは毎日数時間といったところで、余った時間は教習所の仲間と自由に楽しむことができます。

合宿免許は大学の夏休み期間中などに募集していることが多く、学生の場合はいわゆる学割を設けている教習所もありますので、経済的にもかなりリーズナブルであるといえます。

合宿免許の期間としては、行政の規制によって1日の教習時間数が決められていることもあって、オートマチック車の場合であれば最短で13日、マニュアル車の場合であれば15日となります。

合宿免許で卒業できた場合、受講生には卒業証明書が渡され、これはその後1年間は有効となります。住所地の都道府県の運転免許センターに行き、この証明書などの必要書類を提出して、本試験と適性試験を受ければ、晴れて運転免許が取得できます。

Copyright(c) 2015 合宿免許のいろいろ All Rights Reserved.